4/20-21【台湾・台北市】ケンハラクマによるアシュタンガヨガワークショップ&指導者養成コース

LINEで送る

【開催日】
2013年4月20日(土)、21日(日)

【開催場所】
Yoga Journey(台湾・台北市)
Address: 3F, 222, Fu-Xing s. rd. sec.1, Da-an district, 106, Taipei ,Taiwan
Tel: 886-2-6638-8889
Fax: 886-2- 6638-7776
詳細→ http://yogajourney.com.tw/traffic/?lang=en

【クラススケジュール】※日本語翻訳有ります。
http://yogajourney.com.tw/ken-harakuma/

【日本から参加ご希望の方は】

タイトルに「4月台北ワークショップ参加希望」とご記入の上、
kenharakuma@gmail.com にご連絡ください。

以下、Yoga Journeyのホームページ(http://yogajourney.com.tw/ken-harakuma/)日本語翻訳より

2013/4/20-21 – Ken Harakuma

日本国宝レベルヨガマスターケンハラクマがヨガジャーニーへ
ケン先生は早くからインド、マイソールへ渡りアシュタンガヨガのグルジSri K. Pattabhi Jois先生の指導を受けました。長年の自己練習、そしてヨガ指導を続けており、特にインストラクター育成方面に力を注いでいらっしゃいます。今では日本 のヨガを語るに欠かせない指導者となっています。
ヨガ以外に、先生はサーフィン暦も40年ほどと長く、馬術、企業経営、レイキセラピーさらに、少林寺拳法初段、タイ古式マッサージセラピーの資格も取得さ れています。現在、日本IYC International yoga centerスタジオ主宰であるほかにも、日本最大級ヨガイベントであるヨガフェスタの発起人メンバーとして活躍していらっしゃいます。
このたび、4/20-21(土、日)の二日間、知識経験豊富なケンをお招きし、早朝マイソールクラスをはじめ、一日目のWSクラス、二日目の集中指導者養成コースを開催します。ぜひご参加ください!
この二日間は全て日本語で行われます。ミエ先生が中国語へ通訳します。

4月20、21日
早朝マイソールクラス
8:00-10:00
マイソールクラスでは先生が生徒さんのレベルに合わせた指導を行ってくださいます。経験の豊富なケン先生の指導の下、安全で無理のない練習を行います。女性の練習方法についても詳しく指導してくださいます。
マイソールクラスで練習経験のない方も、普段練習を行っている方も(プライマリー、セカンド、アドバンスレベル)参加いただけます。
1クラスNT$1,000
二日間参加の場合、10%割引
4/7までに申し込みされた方にも10%割引の優遇あり

4月20日
ワークショップ内容
アシュタンガヨガ練習とプラーナヤーマ

1、10:30-12:00
エネルギー溢れるアシュタンガ練習、カラダの浄化、エネルギー回復を目指して
無理のないアシュタンガレッドクラス、オールレベル

2、13:15-14:45
冷静かつ安定した意識のバランスを保つ
集中した呼吸法から覚醒へ導く練習を行います。

3、15:00-18:00
もう少し深い練習からカラダと意識の開放を目指します。
セラピーとリラックス方法によってストレス、体の痛みを取り除く練習、意識のバランスをはかり、情緒を保つ練習をします。
どのレベルの方にもご参加いただけます。

費用
10:30-12:00の部-NT$1,200
13:15-14:45の部-NT$1,200
15:00-18:00の部-NT$2,100
全て参加した場合10%オフ
4/7までの申し込み10%オフの優遇あり

4月21日
集中指導者養成コース
初級アシュタンガヨガの指導者養成コース
安全な指導方法
呼吸法(ウージャイーの呼吸)、バンダ、ドリスティおよび女性のための安全な練習について
10:30-12:00
ハーフプライマリーの練習方法
12:00-13:00
ランチタイム
13:00-17:00
A.アシュタンガヨガ基本的な哲学
B.アジャストメント:スリアナマスカーラ(太陽の礼拝)とスタンディングポーズ
C.サンスクリット語によるカウント方法
D.初心者のための呼吸法
E.初心者のためのメディテーション練習さらにその指導法
F.質疑応答

指導者を目指す方のためのコースです。
全てのクラスに参加いただける方のみ申し込みいただけます。
費用NT$4,800
4/7までに申し込みされた方には10%オフの優遇あり

集中指導者養成コースに参加された方にはケン先生からアシュタンガヨガジャパンの認定書が発行されます。申し込み時に受付において証明書に記載する名前をお知らせください。(本人に限る。)
二日間のカリキュラムは主に日本語で行います。中国語への通訳あり。

更新: 2013.12.28 作成: IYC
Top